選択肢

ゲームを制作してネット上で発表するという企画を、ある企業のある担当者が考えたとします。
企業の戦略に見合うテーマであり、なおかつ結果を期待できるものなのであれば、その企画は社内で問題なく通るでしょう。

全くの異業種の会社が、スマホゲームなどのアプリ開発に乗り出すことも最近では少なくありません。
客の呼び込みや売り上げの向上、会社の知名度アップなど、その目的は様々です。
あるいはそもそもゲーム制作という業界に本格的に参入して行こうと、心機一転を図っている可能性もあります。

それだけ伸びしろのあるテーマだとも考えられますが、しかしそれは裏を返すとその分ライバルも多いということになります。
それではそのライバル達に負けないために、ゲーム制作を試みようとしている企業はどうすればよいのでしょうか。

ゲームを制作するノウハウがほとんどない企業であれば、ゲーム制作会社に外注することが多いでしょう。
ほんの少し探してみるだけで国内の制作会社は多数見つけることができます。
しかし依頼する企業によって、その結果は大きく左右されることになります。

ライバル達に差をつけるためには、外注先の選択を見誤ってはなりません。
例えばゲームの根幹となるのはもちろんゲーム自体が面白いかどうかですが、面白さを表現するためのイラスト制作も欠かせないポイントとなってきます。

イラストレーターをどれだけ雇用しているか、どんな作品の実績を誇っているか、それらを事前に調べる必要があるでしょう。
実績がある会社は言うまでもなく経験豊富な会社ということになります。
企業として戦略を立てるのであれば、物品の外注の際にも十分に気を配らなければならないということを覚えておいてください。

top